AICJ中学・高等学校

学内専用ページ

教育の特色

『英語を学ぶ』ではなく『英語で学ぶ』

イマージョン教育

英語は今日のグローバル社会の共通語であり、コミュニケーションの手段です。
AICJでは、コミュニケーションの手段としての英語を身につけ、それを自在に駆使できる子どもたちを育成するために、国語以外の教科指導に積極的に英語を導入します。

また、実用英語技能検定(英検)の取得を目指すことを英語学習のステップアップとして位置づけ、中学1年生の東医Hコースは2級、早慶/国立大コースは準2級を取得することを目標とするとともに、入学時に英検準2級以上を取得している生徒を対象にAdvanced Immersion Classを編成し、入学時からより高度な英語を学びます。

イマージョン教育とは、英語を習得するために「英語漬け」の環境を作り出すことです。単に英語を教えるのではなく、数学・理科・体育・音楽といった教科をも英語で教えることによって、自然と英語が身に付くようになることを目指します。そして、将来の大学進学の選択肢を、日本を含む世界の名門大学にまで拡げ、日本にいながらにしてグローバル基準を満たした高度の内容を学ぶ準備をしていきます。イマージョン教育の中では、レポートやプレゼンテーションなどの課題を通し、論理的な文章を英語で作成する機会が数多く与えられます。ただ英語で文章を書くのではなく、論理性や分かりやすさなども求められます。海外の大学に入学するためには、多くの場合英語による論述が求められ、また国内難関大学でも、論述による解答が求められます。こういった海外・国内の大学入試を視野に入れ、論理的思考力を高めていきます。

東医Hコース

中学3年間をイマージョン教育で過ごし、英語リスニング、スピーキング能力はもとより、英語および理科では英語を用いたプレゼンテーション能力の育成を重視します。また、将来国内の大学を希望する際にも東大または国公立大医学部医学科で要求される高度な英語力を養成します。

早慶/国立大コース

中学3年間をイマージョン教育で過ごし、英語リスニング、スピーキング能力の育成を重視し、将来国内の大学を希望する際にも早慶など最難関私立大で要求される高度な英語力を養成します。

AICJ高等学校 東医H・早慶/国立大コース

戦略あるカリキュラムで難関大学突破

AICJ中学からの内部進学者は、英・数・国については中学3年時に高校1年の内容を学習し、高校1年では高校2年の内容を学習するため、高校1年時においては、英・数・国は高校からの入学者とは別クラス編成となります。

課外授業の充実(無料)

高校1・2年生は、全員、放課後週に3~4回、国語・英語・数学・物理・化学の課外授業を受講します。さらに、高校3年生は7限以降は、志望校別に用意された各種講座を選んで受講することになります。年間を通して、全て塾のテキスト・カリキュラムに従って大学受験に実績のある鷗州ハイスクールの実力講師陣が指導します。鷗州ハイスクールのバックアップのもと、課外授業は、テキスト代以外、すべて無料で受講することができます。また、英検2級取得者は準1級対策を行います。長期休暇時にも、補習や合宿を通して、きめ細かなフォローができる態勢が整っています。

自学自習できる環境が整備

自習室を整備し、早朝や放課後の自学自習を支援しています。朝は7時から夜は7時まで利用できます。

母国につながるアイデンティティの確立

自国の文化の理解なしに、真の国際人になることはできません。他の文化を理解し尊重するにも、自国の文化及びその背景にある歴史認識が重要であることは言うまでもありません。AICJでは、その理解を深められるよう、国語や社会の授業に重きを置くと共に、「道徳」「書道」「茶道」を通じて日本固有の文化にも触れる機会を積極的に持ちます。

海外語学研修の充実

Auckland International College姉妹校であるAuckland International Collegeを利用して、中学1・2年時には希望者(高校生も対象)を対象に、夏休みと年度末の2回に渡り各7週間のニュージーランドでの語学研修の機会が与えられており、中学3時には成績優秀者を対象に、最大で9ヶ月間のニュージーランド語学研修を実施しています。