AICJ中学・高等学校

学内専用ページ

AICJについて

AICJ中学・高等学校とは

AICJAICJとは、「Academy for the International Community in Japan」 の頭文字をとったもので、「日本における国際社会のための学校」という意味です。国際社会の一員として、身につけるべき、コミュニケーション手段としての英語力、論理的思考力、創造性、異文化に対する理解力などを教育する場という意味が込められています。

また、校章は日本とニュージーランドをシンボリックにデザインしたものです。ニュージーランドの先住民であるマオリの方々の住居を表わす三角の屋根と、その中に描かれているシルバー・ファーンはいずれもニュージーランドを象徴しています。そして、トンボは秋津(あきつ)と呼ばれ、日本では古くから親しまれてきたものです。古来、本州のことを秋津島とも呼ぶことから、日本を象徴するものとしてトンボを使用しています。

学園の理念

この門をくぐる者には、「貢献」と「格の違い」を求めるAICJ中学・高等学校の門をくぐる者には、「貢献」を求め、「格の違い」を求めます。

本校での生活を通してみなさんが高度な学力のみならず、リーダーシップ、自主性、ボランティア精神など、将来グローバル社会で活躍するうえで必要とされる資質、能力を身につけられることを私たちは期待しています。

教育目標

自立 貢献

「自立」を促す言葉”Independence” – If I am not for myself, who is for me?
もし私が、私の為に生きていないなら、誰が私の為に生きてくれるだろうか?
「貢献」を求める言葉”Contribution” – If I care only for myself, who am I?
もし私が、私の為”だけに”生きるのであれば、私は”一体”何者なのだろうか?

教育対象

本校の教育目標は、「自立」と「貢献」です。自立をめざし、貢献をめざし、さらには人を背負って歩める人物を目標としています。「エリートとは、自己犠牲の精神を有し、自らの野心や能力を社会に役立たせることのできる人物である」という考えのもと、「グローバル社会で活躍できる国際的エリート」を育て上げることこそ、私たちがめざす理想なのです。

AICJ宣言

AICJ は、世界の名門進学校を目指します。

「自立」と「貢献」を学校の理念とし、グローバル社会で活躍できる人材となるため、バランスの取れた全人教育を実施します。質の高い教育を提供するとともに、地域のボランティア活動などにも積極的に参加します。

AICJ は、バイリンガルに育てます。

日本を含む各国から集められた優秀な教師たちが全力で指導にあたり、中学1年生から日常生活だけでなく、英語以外の教科の指導にも積極的に英語を導入します。中学校に入学するまでに英語を学んだ経験や能力に応じたカリキュラムと豊富なサポートで、バイリンガルに育てます。

AICJ は、日本を含む世界の名門大学への道を開きます。

本学園の高校部門は、学校教育法第1条に定められた学校として2009年に西日本初の国際バカロレア(IB)認定を受けた学校です。6年間の中高一貫教育の利点を生かし、高い英語力及び総合的学力を育成するとともに、生徒は早い段階から日本を含む世界の名門大学への進学を視野に入れた進路選択を行うことができます。

AICJ は、母国につながるアイデンティティを大切にします。

地域、徳育と共に、アイデンティティの確立を重要視します。グローバル社会へと巣立っていく生徒たちにとって、母国の歴史や文化を理解しアイデンティティを持つことは重要です。様々な機会を通じてその確立をサポートします。

AICJ は、グローバル社会のリーダーに育てます。

これからのグローバル社会を生き抜くには、「英語コミュニケーション能力」と「リーダーシップ」が鍵となります。本校では英語コミュニケーション能力だけでなく、リーダーシップを育てる機会を学園生活の中にも多く設け、より実践的な教育を行います。日本国内のみならず世界で通用する能力を備えたリーダーを輩出します。

校歌

  • Maker, let me know
    if I’m not for myself who is for me?
    And if I care only for myself who am I?
    By the upper reaches of the Ota
    there’s a glorious place to get wise.
    Sharing will for our true global welfare,
    for we’re AICJ.

  • ひとのため おのれがために
    生きよと 説かれた
    おしえの 意味を知る
    おおた 見降ろす
    このまなびやより
    へいわの ともしびを
    あまねくせかいへ

AICJ校歌

校歌のダウンロード