AICJ中学・高等学校

学内専用ページ

異常気象対応

安全の確保のために

本校では、生徒の安全を確保するために、異常気象時には、次のような対応をします。ご理解とご協力をお願いいたします。

1)広島県への台風の接近や大雨に伴う学園の対応について

気象警報発令時

広島県への台風の接近や大雨に伴い、当日午前6 時の段階で、広島県南部、または広島・呉地区に暴風雨警報・大雨警報・洪水警報のいずれかが発令されている場合は、午前の授業は休校とします。
発令されていた警報が、当日午前11 時までに解除されたときは、午後の授業は実施とします。
発令されていた警報が、当日午前11 時の段階で解除されていなければ、午後の授業も休校とします。
上記①~③に関わらず、台風接近や大雨の状況によって前日または当日に休校を決定する場合もあります。
広島県への台風接近や大雨を伴わない場合でも、警報が発令されることがありますが、その場合については、状況に応じて、授業実施、休校の判断をします。
なお、警報が解除された場合も、自宅付近の状況によって登校に危険があると思われる時には安全確保を優先してください。

特別警報発令時

広島県南部、または広島・呉地区に「特別警報」が1つでも発令された場合には、生徒は以下のようにしてください。

登校前の場合………登校せず自宅待機

学園内にいる場合…学園内に待機し、指示に従うこと。

安全確保に伴う、遅刻・欠席は状況に応じて、公認遅刻・公認欠席として扱います。

2)大雪で、通学の安全が確保できない場合
当日午前6 時の段階で、広島県南部、または広島・呉地区に、暴風雪警報・大雪警報のいずれかが発令されている場合は、午前の授業は休校とします。
発令されていた警報が、当日午前11 時までに解除されたときは、午後の授業は実施とします。
発令されていた警報が、当日午前11 時の段階で解除されていなければ、午後の授業も休校とします。
ただし、遠方からの通学生で、次のようなケースについては、保護者の判断で登校を見合わせてください。状況に応じて、特別欠席扱いをするなどの便宜を図ります。

午前6 時の段階ではすでに通学途上にあり、①の判断を行いにくい場合

自宅地域の警報状況により、登校が困難である、あるいは登校に危険があると判断される場合

休校などが予想される場合は、必要に応じて、前日のホームルームで指示します。
休校の措置をとった場合は、その日の授業は、後日補充します。
警報が発令されていない場合でも、交通機関が混乱した場合は、始業時間・授業時間帯の変更などで対応します。安全に十分注意して登校してください。
3)地震等で大きな被害が発生した場合
地域全体に、地震等による大規模な災害が発生した場合は、自宅で待機してください。
その他、予期せぬ緊急事態が起きた場合には、必要に応じて担任(副担任)から家庭に連絡をします。
4)異常気象時の緊急下校について

状況に応じて授業をうち切り、生徒を下校させる場合があります。その際、以下の注意事項を守って下校してください。

家庭で登下校の道順や交通手段を、普段からよく話し合っておく。
生徒は下校の前に保護者に下校方法、帰宅予定時刻などを連絡しておく。
できるだけ一人では下校しない。
増水した川には近づかない。風のあるときは、飛散物に注意する。
災害による通行止めなどで帰宅できなくなったときは、最寄りの緊急避難場所(公民館・集会所・学校など)に行き、そこから自宅や学校に自分のいる場所や状況を連絡する。

PDFダウンロード